読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASblog

明日につながるような話題を届けられれば幸いです。

海外デーティングアプリを使うとタダで外国人と出会えるとかどうせ嘘だろ?[実践編]

3秒まとめ:外国人とデートできたぞおおおおおおおおおおお!

 

 さて、昨日の記事では、Tinder, Coffee Meets Begle(以下CMB), OkCupidという海外出会い系アプリ3つをさらっと紹介しました。↓

asblogs.hatenablog.com

 今日はこれら3つのアプリを一か月以上使ってみての感想を述べたいと思います。

【基本的な戦略】

 基本的に紹介されるすべての人にはいいね(Like)の意思表示をしていきました。つまり、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」作戦で挑みました。なお、プロフィール写真は当然普段の自分の数倍見栄えの良い「盛れてる」写真をチョイス。ちなみに僕はストレートの男です。

 

【各アプリの共通点】

 「外国人」といういうとブロンド女性が真っ先に浮かんでしまいがちですが、これらの出会い系アプリではそのような女性はそんなに多くはありません。外国人の大半は中国やフィリピンをはじめとするアジア諸国出身の女性です。

 

【反省点】

 細かく各アプリに行く前に僕自身の反省点を書くならば、「プロフィールは詳しくあれ!」ということです。自分が女性が自分の好みに合うかどうかを判断する際に、写真だけというのは寂しい。できるだけ自分の趣味や面白い人アピールをしたほうがよいです。海外出会い系アプリなので英語が多少できるとよいと思います。中学で習った程度の文法が分かれば大体大丈夫だと思います。あとは気合で!

 また、マッチングされた際のチャットやLineでのやり取りはできるだけマメしたほうが良かったです。相手に関心があることを示すように質問を適度にしながら自分の話もするということに苦心しました。

 

 それでは、一つ一つ使って見ての感想↓

【①Tinder】

 とにかく日本人が多い。外国人と出会いたいならあまりお勧めできない。お互いにLikeになったうちの8割は日本人で、外国人は2割程度だった。少ない情報で好き嫌いを決めるため、マッチしてチャットに臨んでも根気よく臨まなければすぐに会話は途絶える。1人の日本人女性とLine交換をし、会う約束を取り付けたが、急な用事が入ってしまいキャンセルしてそれから音信不通に。

 

【②CMB】

  日本人と外国人は6:4程度?Tinderよりかはひどくないと感じた。このアプリは無尽蔵に品定めできるわけではなく、毎日正午に一定数の紹介がある。プロフィールは皆そこそこ重厚なものとなっており、Tinderよりかは本気のお付き合いを望んでいる人が多いのではないだろうか。これに関してはお恥ずかしい話だが、全くマッチすることができなかった

 

【③OkCupid】

 私が体験した中で一番うまくいった→デートにまでこぎ着けた のはこのアプリだった。日本人と外国人は3:7程度。このアプリでとても気に入ったのが、「メッセージ機能」だ。これは、お互いがLikeの意思表示をしていなくても、好き勝手にその人にメッセージを送れるという機能だ。なので、気になった人にはメッセージをどんどん送ることができる。私はとにかく送りまくった。写真やプロフィールでは伝わらない自分の魅力を伝えることができたり、その逆もある。

 様々な女性とメッセージのやり取りをする中で、一人のベトナム出身の20歳の女性と意気投合し、Lineを交換した。なんでも彼女は日本で働きたいらしく、日本語を勉強中とのことだった。たまに英語でチャットをし、そしてたまに日本語でチャットをするという奇妙なやりとりを続け、私のほうから「一回会わない?」誘ってみた。するとあっさりとOK。

 デートといっても、本当に純粋に普通に二人で街を歩き、ご飯を食べ、解散しただけだったが、彼女の片言の日本語や、純粋な瞳に魅了された。同じアジアではあるが、顔立ちははっきりとしていて、可愛らしい娘だった。

 ちなみに、今でもLineで連絡は取っており、また遊びに行く予定だ。

 

まとめ

  1. 海外出会い系アプリで外国人と出会える
  2. 真面目な出会いならCMB,カジュアルならTinder
  3. OkCupidのメッセージ機能で、写真では伝わらない自分の魅力を伝えることができれば出会いの機会は増える